岡安製作所×JINKEN of No Bike, No Life! - Presented by jinken

更新日: 2014-05-01 ___★西東京の自転車乗り"jinken"とJBP(JINKEN Bicycle Products)のサイトにようこそ★


okayasuJBP540.jpg

埼玉県川口市の溶接工場から送りだされる美しくコアなフレームたち。

ストリートMTB製作の製作ノウハウをベースに進化する信頼の自転車づくり。

岡安製作所は、20年以上前から自転車のフレーム作りに携わり溶接工として第一級の技術を持つ埼玉県川口市の製作所です。4年ほど前からはストリートMTBチームTUBAGRAのフレーム「MOZU」シリーズの製作を手掛け、ライダーたちによる激しいテストを繰り返しながら、独自の理論とフレーム製作ノウハウを蓄積。2009年にjinkenがTUBAGRAに加入し、その後岡安製作所が独自に製作を開始していた700Cのフレームのアイディアを元にして「鉄ONE」のプロジェクトはスタート。それを契機に様々な人の協力を得て、JBP (JINKEN Bicycle Products)もまた、産声を上げました。


川口の町工場から、世界へ。

現在、日本の町工場のものづくりは非常に厳しい時代に突入しています。しかし、この時代だからこそ、岡安製作所は次々に新しい挑戦を続けています。岡安製作所にしかできないオリジナリティのあるフレームデザインや工作、鉄ONEのコンセプトでもある「質実剛健」を支えるTIG溶接の長年の経験とノウハウを基礎にして、既存の「フレームビルダー」の枠や常識にとらわれず、進化し続けています。メイドインジャパンのものづくりの粋がここにあります。


岡安製作所×JBP

そんな岡安製作所とJBPが生み出す「鉄ONE」フレームのコンセプトや各部の仕様には、jinkenのメッセンジャーとして/自転車トライアルライダーとしての経験が生かされています。JBPは、マスプロメーカーのカタログにはない「本当に欲しかった」仕様を、岡安製作所とタッグを組んで世に送り出し、メッセンジャーやピストトリックライダーなどの意見や要望を随時フィードバックさせながら「鉄ONE」を進化させていきます。


岡安さん、本当に自転車が好きなんですね!

もちろん、岡安さん自身も、若いころから自転車でツーリングを楽しんできた大の自転車好き。本当に自転車が好きだからこそ、良いフレームを作るための探求や好奇心は枯れることがありません。岡安製作所には若いライダーが集まり、フレームの進化に欠かせない情報やフィードバックが集まります。

okayasu.jpg
tetz-one yoko2.jpg

岡安製作所関連製品のお問い合わせ・オーダーはこちら
JBP WEBSHOP

※岡安製作所はPL保険加入済です。

090809_2.jpg岡安製作所。奥にはかつて製作されたテストフレームやミニべロなども。ちなみに、冬の製作所内は恐ろしく寒い。
4112464378_2f6143bb81_b.jpgP1040996355.jpg
P1080087.JPGP1060761.JPG
P1070955.JPGP1080107.JPG
P1070983.JPGP1070957.JPG

クリックすると拡大します。