鉄ONEのコンセプト。 of No Bike, No Life! - Presented by jinken

更新日: 2014-05-01 ___★西東京の自転車乗り"jinken"とJBP(JINKEN Bicycle Products)のサイトにようこそ★

シンプルで強く、道具としての機能美を追求。

国産ハンドメイド、クロモリ、TIG溶接、シングルスピード、フルオーダー。

クロモリという素材。

4113892989_81a381c9fd_b.jpg鉄ONEのフレーム素材はクロモリ(Cr-Mo=クロム・モリブデン鋼)。使用されるパイプは、カイセイの国産クロモリパイプ。バテッド管を使用し、強さと重量、がっしりした剛性感と適度な弾性のバランスを実現します。



強く美しいTIG溶接で、素材の魅力を引き出す。

P1060755.JPG鉄ONEはTIG溶接という方法でつくられます。無駄な装飾を施すことなく、鉄という素材それ自体の魅力で勝負。
TIG溶接は、別の素材(ロウ)を流し込んでつけるロウ付けとは違って、母材であるクロモリ自体を溶かして溶接する溶接法で、マウンテンバイクなど強さが求められるフレームに採用されてきました。熱による素材への影響を最小限にとどめることができ、重量も抑えられます。溶接後の研磨を行わず、ビード(溶接痕)をそのまま見せることで、独特の焼け色が鉄という素材ならではのオーラを放ちます。



シングルスピードへのこだわり。


P1060749.JPG鉄ONEはトラックエンドのシングルスピード仕様。シンプルで壊れにくく、メンテナンスの頻度も少なくて済み、気軽に乗れるシングルスピードの自転車は、ハイテク一辺倒のロードバイクとは一線を画した提案です。変速なしでも漕ぎ出しや多少の坂でもストレスを感じずに済むように、リア周りの剛性を高め、また短めのチェーンステイを併せて提案することで、シャキシャキと気持ちよく加速するように工夫されています。
また、クロモリという素材によって、細かな振動をフレームが吸収し、適度なしなりも相まってシングルスピードでも疲れにくい、乗っていて楽しいフレームを目指しています。道具に振り回されるのではなく、路面の起伏や状況を感じながら、身体全体でシンプルな道具としての自転車を乗りこなす、そんなイメージがぴったりです。


質実剛健。装飾を排した機能美。


4113893713_5cd2f02437_b.jpgヘッド規格、フレームやフォークの造形など、各所に現れる鉄ONEのこだわりは、すべてシンプルな道具としての機能美につながっています。最先端のテクノロジーを駆使したカーボンバイクとはまったく別のベクトル。シンプルで頑丈。飾らないけど美しい。組み上げるのもメンテナンスも簡単。へたりにくいので長く長くお乗りいただけます。埼玉の町工場で一本一本手作りされるこのフレームは、ユーザーの考えを反映させながら、対話の中から生まれてきます。

この時代に、あえて鉄のフレームに乗る。あえて国産のハンドメイドの製品に乗る。その選択を可能にするための、一つの形です。